(1)ジャンヌ・ダルクー1

 なぜだか、ずっと、強い女性が好きでした。

 それも単純に、アクション系の見た目強い女性、戦う女性が好きで、見ていてスカッとして憧れてしまうのでした。自分自身は運動神経が鈍くて精神的にも弱く、すぐ落ち込んだりイジイジしやすい大人しめのダメダメタイプだったから、よけいにそういう女性に憧れたのかもしれません。

 だからいわゆる女戦士系は全部好きで、アマゾネスから巴御前、水滸伝に出て来る一丈青扈三娘(いちじょうせいこさんじょう)などなど、心ときめかせるキャラクターでした。

 女戦士の古典的代表キャラといえば、やはりジャンヌ・ダルクでしょう。ジャンヌ・ダルクものの映画はたくさんあるのですが、代表的なものはたぶんイングリッド・バーグマンのジャンヌと、数年前に作られたミラ・ショヴォヴィッチのジャンヌではないでしょうか。

 百年戦争当時のフランスは、今のフランスと同じではなく、北部のごく一部がシャルル2世王の領地。血縁関係のあったイギリス・イングランドの王家と複雑に入り組んだ王位継承の争いや領地争いを続けていたのでした。フランスの田舎の農村ドンレミイ出身のジャンヌ・ダルクは17才の少女だったので、バーグマンやミラ・ショヴォヴィッチだとだいぶ年上という感じがしますが、それぞれ持ち味の出た特徴あるジャンヌ・ダルク像を演じていたかと思います。

 イングリッド・バーグマンは、人間離れしてさえ見える整ったクールな美貌、それゆえに中性的とも言える雰囲気のため、当時既に30才ぐらいだったにも関わらず、少女ジャンヌ・ダルクの甲冑姿が凛々しく似合っていました。

 ジャンヌ・ダルクは神のお告げを受けてフランスのために戦ったことになっていますが、この時代、教会を通すことなく直接神と対話した、と主張したことが後にイギリス側に捕われた際異端とされ、また、男装をしたことも禁じられたことだったので、魔女と断定される根拠の一つになりました。だいぶ後になって、ジャンヌ・ダルクの名誉回復裁判が行なわれ、聖人に列せられましたが、聖女ジャンヌ・ダルク、という清涼なイメージには、バーグマンの北欧的金髪碧眼のノーブルな雰囲気はぴったりでした。

 ジャンヌ・ダルクは、当然のことながら、敵側のイギリスではやはり魔女とされていて、シェイクスピアの史劇の中では完全に悪役になっています。彼女が戦場で活躍したのは実は1年ぐらいなものだったのですが、それだけでこれほど有名になってしまった人の常として、伝説が先行し、現実の彼女がどういう人であったかは実はよく分からなくなっています。ただ、当時のパリ市民が残した日記に「ラ・ピュセル(乙女)」と呼ばれる少女戦士のことが出てきますから、実在の人物であるのは確かでしょう。歴史的には、実は戦功よりも、教会を通さないで直接神との対話をした、ということが、その後一世紀してから起きる宗教改革の先駆けであった、というところに意義がある、としている人もいます。


 

(2)ジャンヌ・ダルクー2

 イングリッド・バーグマンのジャンヌ・ダルクは凛々しく美しく魅力的でしたが、戦闘の場面はさすがにあまりリアリティを感じられず、大人の男性の観客からは失笑が漏れていました。それはまあご愛嬌として、70年代、80年代と女性のアクションものが一般に受け入れられ発展を極めたのち、90年代後半になって作られたミラ・ショヴォヴィッチのジャンヌ・ダルクは、動作がきびきびして、むしろ戦闘場面の方がリアルなぐらい。

 アメリカ映画でアクションものの映画に出る女優さんたちは、もとが美人であっても、軍服を着たりわざと顔を汚したり、「エイリアン3」のシガーニー・ウィーバーに至ってはスキンヘッドにしてしまうほどのプロ根性?です。

 ミラ・ショヴォヴィッチも、ほとんど美少年のごとくに軽快機敏に、そしてワイルドに戦場を駆けていて、たぶん実在のジャンヌ・ダルクもこういう少女だったのではないかと納得させられるものがありました。

 話はずれるのですが、フランスの10代の女の子というのは、どうも私が今まで実際に会った実例を思い出す限り、それほど女性的な感じはしないのが多いようです。意外と中性的で、むしろ少年ぽい。カトリックの国ということもあるでしょうが、フランスの女性は結婚前は堅くて、いわゆる女性的な魅力が出てくるのは年令を重ねてからだということです。私が出会ったフランスの10代の女の子たち一人一人を思い出すと、なんとなくジャンヌ・ダルクの面影が重なって見えてくる感じもするのでした。

 

 

(3)ニキータ

 いわゆる女性アクションもののうち、若い女性のアクションもの、熟女やシルバーエイジのアクションまで、実はいろいろとあるのですが・・・一般に、アクションものの本場といえばアメリカなのですが、ジャンヌ・ダルクを生んだ国であるだけあって、フランスにもワイルドな女の子アクション映画はあります。

 「ニキータ」などは、いかにもフランスらしさの出ている女性アクションもので、アメリカ映画と比較のうえで面白いサンプルかと思います。アメリカ映画のアクションものでは、女優さんもジーンズや迷彩服を着ていて、あくまでアクションそのもので勝負しているのですが、ニキータの場合は、凶暴さの点では全く遜色ないにも関わらず、当時流行のミニのボディコンのドレスを着たまま冷静に重たい銃を撃ち、ジャンプして逃亡するなどの大立ち回りが印象的でした。

 どこまでも見た目上フェミニンなファッション性にこだわり、最後はヒロインが要人暗殺者としての仕事よりもごく普通の男性との恋愛を選ぶところも、いかにもフランス映画の基本パターンをはずしていなかったところに妙に感心してしまいました。

 この「ニキータ」は、ハリウッドでもブリジット・フォンダの主演でリメイクされていますが、こちらはブリジットの華奢でデリケートな雰囲気が強調され、また違う味わいが出ていました。ひたすら強いというのではなく、たまたま銃の腕が天才的だったために国の暗殺者として訓練され利用される少女の、内面の傷付きやすさと恐れ、脆さと迷いが、ブリジット・フォンダの大人になりきっていない細身の身体やあどけなさの残る表情でよく表わされていて秀逸でした。

 

 

 



            

©2001-2002 chatran